読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遍遍録

旅した記録

いつまでも黄海にひきこもってるわけがない

1998年に購入し10年以上かけて改造し2012年に訓練空母として就役させた「遼寧」が太平洋に出たことに日本や台湾が大騒ぎしたが、いつまも黄海に引きこもっているわけがない。唯一の空母として考えれば、黄海から南シナ海までカバーする必要から台湾海峡か太平洋経由で移動しなければならない。
訓練空母として考えても運用実績と訓練のため太平洋に出て訓練するのは必然。
今後インド洋や大西洋まで航海して友好国を訪問するなどは当然想定すべきで、太平洋に出たことに過剰な意味を見出すのは愚かというか、平和ボケというか。

中国空母「遼寧」、太平洋を航行 軍事力拡大を誇示

2016.12.28 Wed posted at 13:10 JST
(CNN) 中国の空母「遼寧」がこのほど太平洋を航行し、周辺国が警戒を強めている。今回の航行には中国の軍事力を誇示し、海軍の戦闘能力強化を図る狙いがある。
遼寧は先週、黄海上で「殲15(J15)」戦闘機の空中戦および空中給油の訓練を実施した。その後フリゲート艦と駆逐艦の艦隊に先導されて台湾および沖縄沖を通過し、太平洋に進出。26日には複数の国が領有権を争う南シナ海に入った。
近隣国や地域は警戒を強めており、台湾の馮世寛・国防部長は「敵の脅威は日増しに増大している。我々は常に戦闘態勢を維持していなければならない」と強調した。
遼寧は1998年に中国がウクライナから調達し、2012年に改造して訓練艦として就航させた。
日本の防衛省によると、遼寧が太平洋に進出したことを確認したのは初めて。菅義偉官房長官は「中国の海上戦力の能力拡大を示すもの」との見方を示し、動向を引き続き注視すると語った。
中国国営の英字紙グローバル・タイムズは遼寧の訓練に合わせて25日に掲載した論説で、中国による空母艦隊の増強、戦闘態勢の確立、太平洋東部への航行、南米の海軍補給基地設置の必要性を強調した。

今回の訓練については、遼寧の戦闘能力強化と航行範囲拡大の証と位置付け、間もなく米西海岸沖を含む太平洋東部にも進出できるとした。
「中国の空母艦隊がいずれ米国沖に進出すれば、海洋支配に関する集中的な思考を誘発させる」「米国が中核的な関心を持つ地域に同艦隊が進出できれば、米国が一方的に中国に圧力をかける状況は変化する」。論説ではそう述べ、中国は国産空母の建造を急ぐ必要があると力説している。
米太平洋軍の元幹部でハワイ太平洋大学教授のカール・シュスター氏によると、中国では新しい空母1隻が完成に近づいていると見られ、もう1隻は建造に着手するところだという。
しかし中国の空母が脅威となるのはまだずっと先だと同氏は予想。「中国には空母戦力の基盤となる経験豊富な海軍飛行士や空母乗員の部隊がない。それを一から築き上げることは、ほとんどの人員を2年の徴兵に頼る部隊にとっては難しい」と指摘する。
シュスター氏によれば、中国は2027〜29年までに空母4隻の艦隊を築くことを目指しているという。
それでも艦隊の規模は、空母10隻を運用する米海軍の半分にも満たない。米海軍はさらに1隻を間もなく就航させる見通しで、もう1隻の建造も進めている。
ただしグローバル・タイムズでは当面の間、中国はいわゆる「第1線」を越えた範囲にまで影響力を拡大する必要があると主張。この第1線は、南シナ海のパラセル(西沙)諸島の北から北東に進んで台湾を内側に取り込み、沖縄の西を通過し、さらに北へ折れて韓国と中国の間の東シナ海に至る。同紙は「中国の艦隊がまだ到達したことのない海域にまで航行する能力と勇気を持たなければならない」と強調している。

http://www.cnn.co.jp/world/35094406.html


http://www.sankei.com/politics/photos/161225/plt1612250017-p1.html


だいたい日本も事実上のヘリ空母を持ってるし。

f:id:fsj:20170213012309p:plain

http://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/ships/dd/izumo/183.html

f:id:fsj:20170213012312p:plain

http://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/ships/dd/hyuga/181.html

中国空母「遼寧」全隊、西太平洋に初めて進出

中央日報日本語版 12/26(月) 17:03配信

中国初の航空母艦遼寧

中国初の航空母艦遼寧」全隊が過去初めて第1列島線(沖縄−台湾−南シナ海)を通過して西太平洋訓練を実施した。遼寧全隊は15日、勃海海域で大規模な実弾訓練を行ったことに続き、23日には韓国と隣接する西海(ソヘ、黄海)訓練を実施した。中国に対して強硬姿勢を見せているトランプ陣営に対する警告性の武力示威という観測が出ている。
国営中国中央テレビ(CCTV)は24日メインニュースである「新聞聯播」を通じて西海海上で繰り広げられた空母編隊の訓練を報道した。「殲−15」艦載機13機とヘリコプターが出撃のために甲板に同時展開する様子も初めて公開された。15日には遼寧に装着された防空砲発射場面と殲−15機が対艦ミサイル「鷹撃−83K」で標的艦を撃破する様子も公開された。英国軍事専門紙ジェーン・ディフェンス・ウィークリー(JDW)は「遼寧空母全隊が初歩的な作戦能力を備えている」と評価した。
中国海軍の梁陽報道官は24日、「遼寧全隊が24日、初めての遠洋訓練のために西太平洋海域に向かった」と発表した。今月10日の戦略戦闘爆撃機「轟−6K」編隊による台湾巡回飛行に続き、台湾−沖縄間の宮古海峡を通過して西太平洋に進入する予定だ。その後、台湾−フィリピン間のバシー海峡を通過して南シナ海に向けて航海する可能性が高い。梁報道官は「今回の訓練は年間訓練計画に基づいて組織・実施されたもの」としながら拡大解釈を警戒したが、遼寧が史上初めて第1列島線を通過して実戦訓練を展開するという点でその波紋は小さくない。
まず日本が敏感に反応した。日本防衛省統合幕僚監部は25日、報道発表資料「中国海軍艦艇の動向について」を通じて、遼寧空母全隊が西太平洋に向かっていると発表した。防衛省は「12月24日(土)午後4時頃、海上自衛隊第12護衛隊所属「とね」(呉)が、東シナ海中部の海域において中国海軍クズネツォフ級空母1隻、ルーヤンII級ミサイル駆逐艦2隻、ルーヤンIII級ミサイル駆逐艦1隻、ジャンカイII級フリゲート2隻、ジャンダオ級小型フリゲート1隻、フチ級補給艦1隻の計8隻を確認した」とし「このうち、クズネツォフ級空母は、海上自衛隊としては初めて確認したものである」と、過去に撮影した個別艦艇写真を添えて公開した。2013年遼寧南シナ海訓練当時にも軍艦8隻と原子力空母2隻の船団を組んで航海した。
CCTVは23日、呉勝利海軍司令官が空母甲板で直接訓練を指導する場面も伝えた。海軍司令官が自ら乗艦して訓練を指導するのは前例がない。ことし最大規模の訓練を実施しているものと解釈できる。
遼寧は今回の訓練を通じて台湾に対する抑制力を誇示した。CCTVの映像を分析した結果、殲−15機は鷹撃−83Kと霹靂−8ミサイル2〜4機を搭載している。実戦で6〜8機の殲−15機が同時出撃する場合、射程距離1200キロの鷹撃−83Kを最大で32発を発射させることができる。3000トン級護衛艦を無力化させ、5000トン級駆逐艦に打撃を加えることができる戦闘力だ。
中国空母専門家である李杰氏は「遼寧南シナ海訓練は中国が南シナ海島しょに対する主権と海洋権益を犯されずに護衛できる能力とその決心を示そうとするもの」と解説した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-00000042-cnippou-kr