読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遍遍録

旅した記録

国連所見に南スーダン「カオス」…首相が批判

国連所見に南スーダン「カオス」…首相が批判

読売新聞 11/15(火) 12:48配信
 安倍首相は15日午前の参院環太平洋経済連携協定(TPP)特別委員会で、南スーダンの情勢に関する国連の調査報告書内に潘基文(パンギムン)事務総長の所見として、現地情勢について「カオス(混沌(こんとん))」との記述があったとして、国連側に真意を照会したことを明らかにした。
 国連側は「安全保障理事会が行動を取らなければ、状況が深刻になるという趣旨で、現在の状況ではない」と回答したという。首相は「国連が発表する以上、正確なものを発表してほしい」と、暗に潘氏を批判した。自民党佐藤正久氏の質問に答えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00050053-yom-pol

日本政府はマウンティングにしか興味がないのか。

「駆け付け警護」閣議決定=来月にも実施可能に―南スーダンPKO派遣部隊

時事通信 11/15(火) 8:57配信
 政府は15日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に関し、今年3月施行された安全保障関連法に基づく新任務「駆け付け警護」を盛り込んだ実施計画の変更を閣議決定した。
 従事する自衛隊は任務遂行に必要な警告射撃などの武器使用が認められ、任務拡大に伴うリスクも指摘される。日本の国際貢献は新たな段階に入った。
 稲田朋美防衛相は近く、次期派遣部隊となる第11次隊に新たな任務を付与する派遣命令を出す。第11次隊は陸上自衛隊第9師団(青森市)を中心とする部隊で、要員は約350人。今月20日から順次現地に送られ、道路などのインフラ整備活動に従事する。新任務が実施可能となるのは、第10次隊と交代する12月中旬の見通しだ。
 駆け付け警護は、離れた場所にいる国連職員やNGO関係者が武装集団や暴徒などに襲われ、その要請を受けた場合、自衛隊員が武器を持って現地に行き、救出する任務。PKOの拠点である宿営地を他国部隊と連携して守る「共同防護」も可能になるが、実施計画には盛り込まれなかった。いずれも安保関連法に基づく新たな任務だ。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00000035-jij-pol

それとも「駆け付け警護」を容認したいという国内事情を優先するのか。

戦闘激化なら駆け付け警護せず=南スーダンPKOで稲田防衛相

時事通信 10/28(金) 12:11配信
 稲田朋美防衛相は28日午前の閣議後の記者会見で、自衛隊が参加する南スーダン国連平和維持活動(PKO)に関し、次期派遣部隊に「駆け付け警護」などの新たな任務を付与した場合でも、同国内で7月に発生した激しい武力衝突のような事案では対応しない考えを示した。
 稲田氏が具体的なケースに言及したのは初めて。
 稲田氏は、駆け付け警護について「部隊が安全を確保しつつ、国連NGO関係者から要請を受け、人道性、緊急性に鑑み、対応できる範囲で行う」と指摘した。
 その上で「7月のような大規模な襲撃事案、まさしく国連の歩兵部隊すら対応できない事態において、わが国の部隊が駆け付け警護できる状況ではない」と述べた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161028-00000078-jij-pol

そもそも防衛相はこんなこと言ってんだよな。