読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遍遍録

旅した記録

自衛隊の航空機保有数(防衛白書2016)

防衛白書 2016年 より)

主要国・地域の兵力一覧(概数)

陸上兵力 (万人) 海上兵力 (万トン) 隻数 航空兵力 機数
中国 160 米国 625.0 944 米国 3638
インド 115 ロシア 204.9 1012 中国 2715
北朝鮮 102 中国 150.2 879 ロシア 1344
パキスタン 55 英国 61.2 136 インド 984
米国 51 インド 48.0 243 韓国 619
韓国 50 フランス 40.3 292 エジプト 601
ベトナム 41 インドネシア 26.7 171 北朝鮮 563
トルコ 40 イタリア 22.5 184 台湾 508
ミャンマー 38 トルコ 22.1 206 イスラエル 482
イラン 35 韓国 21.1 236 パキスタン 456
エジプト 31 台湾 21.0 393 フランス 417
インドネシア 30 ドイツ 20.6 127 トルコ 407
タイ 25 オーストラリア 19.4 98 イラン 336
ロシア 24 スペイン 18.9 172 サウジ 336
コロンビア 24 ブラジル 17.3 110 英国 295
日本 14 日本 46.7 137 日本 410

(注)1 資料は、陸、空については「ミリタリー・バランス(2016)」など、海については「ジェーン年鑑(2015-2016)」などによる。
2 日本は、平成27年度末における各自衛隊の実勢力を示し、作戦機数(航空兵力)は航空自衛隊の作戦機(輸送機を除く。)および海上自衛隊の作戦機(固定翼のみ)の合計である。
3 配列は兵力の大きい順(海上兵力はトン数の大きい順)になっている。

http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/html/ns002000.html

日本の自衛隊のみ兵力規模に関わらず、一番下に配置。

主要航空機の保有数(2016/3/31現在)

陸上自衛隊
形式 機種 用途 保有機数
固定翼 LR-1 連絡偵察 1
固定翼 LR-2 連絡偵察 7
回転翼 AH-1S 対戦車 60
回転翼 OH-6D 観測 48
回転翼 OH-1 観測 38
回転翼 UH-1H/J 多用途 131
回転翼 CH-47J/JA 輸送 58
回転翼 UH-60JA 多用途 39
回転翼 AH-64D 戦闘 12
海上自衛隊
形式 機種 用途 保有機数
固定翼 P-1 哨戒 9
固定翼 P-3C 哨戒 68
回転翼 SH-60J 哨戒 42
回転翼 SH-60K 哨戒 49
回転翼 MH-53E 掃海・輸送 4
回転翼 MCH-101 掃海・輸送 8
航空自衛隊
形式 機種 用途 保有機数
固定翼 F-15J/DJ 戦闘 201
固定翼 F-4EJ 戦闘 54
固定翼 F-2A/B 戦闘 92
固定翼 RF-4E/EJ 偵察 13
固定翼 C-1 輸送 22
固定翼 C-130H 輸送 14
固定翼 KC-767 空中給油・輸送 4
固定翼 KC-130H 空中給油機能付加 2
固定翼 E-2C 早期警戒 13
固定翼 E-767 早期警戒管制 4
回転翼 CH-47J 輸送 15

(注)F-4EJには、F-4EJ改48機を含む。保有数は、2016年3月31日現在の国有財産台帳数値である。

http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/html/ns009000.html
所属 固定翼(輸送機以外) 固定翼(輸送機) 回転翼 合計
陸上自衛隊 8 0 386 394
海上自衛隊 77 0 103 180
航空自衛隊 377 55 15 447
合計 462 55 504 1021

「主要国・地域の兵力一覧(概数)」とは航空機数が一致しないが、「作戦機数」と「国有財産台帳数値」の定義の違いか。